育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > 牛乳の成分 > 牛乳と体質の関係

牛乳の成分

牛乳と体質の関係

欧米化した食習慣のなかで摂取量が増えた1つが乳製品
特に牛乳があります。

牛乳はカルシウムが豊富に含まれていて、健康によい飲み物と
言われていますが、問題は吸収率にあります。

 

牛乳と体質の関係 しかし、カルシウムが豊富なものでも吸収率が
悪いために、カルシウムは思ったように体内に
取り込まれません。

そうすると、ただの高脂肪、高カロリー食品に
なってしまい、身体には良くないものになってしまいます。

これも日本人の体質なのですが、黄色人種と黒人の
ほとんどの方は栄養を吸収する小腸に

乳糖を分解するラクターゼという酵素がないか
非常に少ないという原因があります。

よく牛乳を飲んでお腹が痛くなったり
下痢をしたりすることがある人がいますが
ラクターゼがないのが原因です。

このラクターゼは赤ちゃんの時はうまく働いているの
ですが、大人になるにつれて働きが悪くなってしまうのです。

これを乳糖不耐性といいます。

 

ではこの乳糖不耐性がどう頭皮に関係あるのでしょうか?

この体質を持った人が牛乳を飲むと、消化されずに
小腸に乳糖がたまって悪玉菌が増えて栄養の吸収や
代謝を悪くします。

その結果、全身の健康に影響を及ぼし、皮膚や髪の毛にも
影響が出るのです。

このように、カルシウムを摂ろうとして牛乳を飲んでも
わざわざ脂肪やカロリーを吸収することになり、さらに下痢をして
小腸の働きを悪くする結果になります。

もしカルシウムを摂るのであれば、日本人の体質にあった
魚介類を食べましょう。