育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > 血管年齢 > 育毛には欠かせない血管年齢

血管年齢

育毛には欠かせない血管年齢

血管年齢って知っていますか?

実年齢と血管年齢は実は同じじゃないんです。
血管年齢は健康のバロメーターです。

血液と育毛の関係は知っておいかなければいけません。

 

血管年齢とはその名の通り、血管の老化、動脈硬化を
わかりやすくするバロメーターです

一般的には血管は年齢とともに硬くなり
「血管年齢」は何歳程度の血管か?という事です。

血管の老化は20代から始まるといえます。

 

例えば10代の血管は新しいホースのようにしなやかだとすれば
年齢を重ねるにつれて古くなり伸縮性がなくなったり、傷つき
ボロボロになっていきます。

最悪、破損して血液が漏れてしまうことになります。

ゴムホースだとただ水が漏れて修理できますが
血液だと脳梗塞、心筋梗塞になります。

修理はほとんど不可能です。最悪命の危険もあります。
恐ろしいですよね。

ではどんな事で血管は老いていくのでしょう?

 

血管はだんだんと加齢になると老化、
動物性タンパク質の取り過ぎ、砂糖の摂りすぎによる動脈硬化、

高脂血症、血栓などを招き、さまざまな生活習慣病を
招いてしまします。

血管にコレステロールがこびり付き、内径が小さくなるため
血液は通りにくくなり、血行不良や高血圧につながってしまう
という訳です。

 

ただ動脈硬化は誰にでも起きることです。

身体は絶対に老化していくものなのですから。
問題なのは年齢以上に血管が老いていくことです。
30代なのに血管年齢は50代、60代なのが問題なのです

 

その原因はやはりメタボリックシンドロームに代表される生活習慣です。

特に食事内容に問題がある方がほとんどです。

動物性脂肪や砂糖の摂りすぎなどの食事習慣を変えていきましょう。

これ以上、不摂生などで余計な血管の年齢を上げないように
していきましょう。

 

<血管の老化を防ぐ食べ物は?>

・大豆、納豆

これらに含まれるレシチンは血中コレステロール、
中性脂肪を分解します。

大豆イソフラボンは動脈硬化を防ぐ効果があります。

ナットウキナーゼは血栓を溶かす働きがあり注目されています。

 

・魚(特に青魚)

さんまやいわしといった魚のDHA(ドコサヘキサエン酸)には
血管を拡張させて血液をサラサラにする効果があります。

あと黒酢なども血液をサラサラにする効果がありますので
食事に摂りいれるといいでしょう。

 

−では毛髪にはどう関係するのかというところですが−

 

頭皮にも血液は深い関係があり、これらの原因が頭皮周辺の細胞に
毛細血管から栄養がいかず、脱毛の促進につながります。

身体の健康=育毛の関係は大事です。

身体の中から健康な状態を作り、育毛体質を作るということですので
自分の血管年齢を高くあげすぎないようにしていきましょう。