育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > 酸性食品と弱アルカリ性のバランス > 酸性食品と弱アルカリ性のバランス

酸性食品と弱アルカリ性のバランス

酸性食品と弱アルカリ性のバランス

人間の体内では、ペーハーバランスはPH7.3〜7.4の
弱アルカリ性を保つように出来ています。

これらが崩れると身体に影響し、当然髪の毛にも強く影響します。

これには普段の食生活に大きく左右します。

 

人間の身体は酸性とアルカリ性のバランスと均等に保つように
出来ていて、これをペーハーバランスといいます。

このバランスが酸性に傾けさせる「活性酸素」の害が
身体にさまざまな悪い影響を起こします。

現代の万病の元凶ともされ、病気の約90%に関わっている
とさえ言われています。

 

活性酸素は非常に不安定な物質で
身体の至るところに細胞にとりついて酸化させてしまいます。

細胞分裂が活発な毛母細胞は、活性酸素のターゲットになりやすく
毛髪の寿命を短くしてしまいます。

酸性に傾いた血液は血小板を壊れやすくし
それが血管壁について、血液の流れを悪くして
ドロドロの状態になります。

 

また毛細血管への血の流れが悪くなり
毛根に充分な栄養が行き渡らなくなります。

髪はタンパク質そのものであり、これを健やかに保つ
ためには当然、栄養素としてタンパク質を必要します。

酸性食品(肉、魚介類、穀物類など)を多く摂りすぎると
体液が酸性に傾き、血液が濁り、粘度が高くなります。

この酸性食品、動物性タンパク質の取り過ぎによって
血液循環が悪くなり栄養が運ばれなくなり
タンパク質も運ばれなく脱毛につながっていきます。

 

特に鮮度の落ちた魚だったり、時間のたった揚げ物などは
より活性酸素を体内で発生させることになりますので注意しましょう。

ストレスや、紫外線や激しい肉体運動なども
活性酸素を増やす要因になります。

 

酸性食品とアルカリ性のバランス 対策としては、ビタミンをたくさん摂りましょう。

抗酸化ビタミンとしては、ベータカロチン、
ビタミンC、Eなどが言われています。

またニンジン、カボチャに含まれる
カロチノイドやトマトのリコピンなど

緑黄色野菜に含まれる色素成分がもつ
抗酸化作用が注目されています。

これらはもちろんミネラルや食物繊維も緑黄色野菜などに
たくさん含まれています。

たくさん緑黄色野菜を食べましょう。