育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > 正しいシャンプーの選び方 > 正しいシャンプーの選び方

正しいシャンプーの選び方

正しいシャンプーの選び方

一般にシャンプーを変えるだけで、頭皮の状態が変わり
抜け毛を少なくできることは良くあることです。

シャンプーは育毛には欠かせない存在です。 

身体に悪い影響のないシャンプーを選びませんか?

 

シャンプーの影響

まず古くからあるものとして、米ぬか、海草、
お酢などを使うことが知られていますが

これらは使い方が面倒で
汚れ落ちが悪かったりなど、日常的には
不都合な面が多いのも現状です。

身体に悪い影響を与えないシャンプーの
選び方として「天然素材」を用いている
シャンプーがお勧めです。

天然素材とは植物エキス、コラーゲン、
精製植物油、多糖類など
種類はたくさんあります。

抜け毛を止められるというのは重要で、客観的に考えれば
抜け毛が止まれば、当然毛量が増えれば薄毛が解消するのです。

 

現在はシャンプーなどのヘアケア用品も全成分表示が
義務づけられました。

しかし、一般の方は見ても分からない事が多いのではと思います。

そこでここでは解りやすく説明します。

大きく分けて成分は3つに分けられます。

1−水

2−界面活性剤(洗浄のベース)

3−その他の配合部分

です。

キーワードになるのはこの界面活性剤がポイントになります。

界面活性剤には大きく分類すると、石油が原料の物と
自然界の物質が元になるものがあります。

 

・石油から作られたもの−・硫酸系、・脂肪酸系、・高級アルコール系

・自然界からの物質−・アミノ酸系、・ベタイン系    

に分けられます。

 

注意するものはこの石油から作られた−・硫酸系、・脂肪酸系、
・高級アルコール系が入っていたら使用を止めましょう!

 

そこでこの石油系の界面活性剤が含まれているものの
成分表記を見てみると、代表的なものにこのような物質が
表記されていることが多いです。

・ラウリル酸ナトリウム

・スルホン酸

・ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩

・ラウリス硫酸ナトリウム

・キシレンスルホン酸アンモニウム

・パレスー3硫酸ナトリウム

・パレスー3硫酸アンモニウム

・ラウリル酸アンモニウム

などがあります。

現在2000種類もの界面活性剤が存在するので
全部をここで表示することは出来ないですが、ポイントは
硫酸やアンモニウムなどが表記してあったら捨てましょう!

 

髪に良いシャンプーを選ぶ時は石油製品ではなくて
自然界からの物質が配合されてる天然成分のみの配合シャンプーを選びましょう!

心身ともに健康で別に問題もないのに抜け毛が多い時は
その原因がシャンプー剤の場合もありますので
是非いいシャンプーを探してください。