育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > 一般のシャンプーの影響 > 一般のシャンプーの影響について

一般のシャンプーの影響

一般のシャンプーの影響について

日常の生活でシャンプーは大切なポイントの1つです。

一般に市販されているシャンプー剤には、
合成系の界面活性剤をベースにして作られています。

この界面活性剤って何だか知っていますか?
知らない人はびっくりする方も多いです。

 

 

一般に市販されているシャンプーに使われている
合成系の界面活性剤の原料は「石油」で作られています。

また合成界面活性剤とは科学物質で、身体では分解できずに
解毒作用のある肝臓、排泄を行う腎臓を初め、いたるところに
悪影響を与え、もちろん髪の毛に大きな影響を与えます。

 

その威力はたった1滴でゴキブリを殺してしまうほど強力です。

これらは微量ずつですが皮膚からどんどん浸透して
分解されずに身体に残ってしまいます。

この中でも特に毒性が強いといわれているのが
ラウリル硫酸ナトリウムという物質です。

 

値段が安い上、少量でよく泡立つのでメーカーは好んで使うそうです。

これらシャンプーやリンスなど日用清潔商品を作る工場では
作業員は必ず防護服を着る義務があると噂があります。

単純に怖いですよね。私も初めて知った時はびっくりしました。

極端にいえば、石油合成剤や薬剤を頭から振りかける
ようなものですよね。

そんな現実がありますが、実際は大手メーカーは髪を清潔にし
水分を保持し、しなやかさや光沢を与えるものとして
売られているのが現状です。

 

またシャンプー剤はよくすすいで洗い流せば大丈夫と
思いがちですが、毎日のようにシャンプーを繰り返し使用すれば
わずかながら頭皮に残ることがあります。

特に頻繁に朝、晩この合成界面洗剤の入ったシャンプーを
使っていると、皮膚の角質が取られてしまい、頭皮は赤く
うっ血したようになり、乾燥して白く粉が吹いたようになったりします。

さらにひどくなると、かゆみが出たり脱毛を促進してしまいます。

 

私たちの頭皮には頭部常在菌が存在していて
合成界面活性剤のシャンプーを過剰に使っていると
頭皮のガードが甘くなり、その隙に頭部常在菌は侵入します。

そうなると顆粒球という白血球が出動して戦うのですが
その際に活性酸素をまき散らしてしまうのです。

そうなると毛根や毛母細胞に攻撃してしまいます。

これが積み重なれば、毛根の奥まで入り込み

毛根周辺の細胞にダメージを与えることは間違いありません。

 

また特に注意するのがシャンプーとリンスが合体した
リンスインシャンプーです。

これはシャンプーとリンスが1度で出来て手間いらずで
忙しい方や髪の毛を洗うことが面倒な方には
人気があるそうなのですが、これも毛髪には危険です。

これは合成界面活性剤はもちろん入っているのですが
この他に科学物質のシリコンやポリマーが入っています。

 

なぜこれらの化学物質が入っているかといえば
一度でシャンプー、リンスをする為に

合成界面活性剤で髪の汚れを落としてから
このシリコンやポリマーで髪にツヤを与えるためです。

これは髪の毛にプラスチック加工をほどこすことと同じ感じで
かなり髪の毛には悪い影響を及ぼします。

これら一般に売られているシャンプー
毛髪に対して悪い影響を及ぼしています。

育毛体質を作るのに髪によいシャンプー剤を使うことは必要です。