育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > コンディショナーとリンスの違い > コンディショナーとリンスの違い

コンディショナーとリンスの違い

コンディショナーとリンスの違い

女性の中でシャンプーをした後にリンスする人はおそらくほとんどだと思われます。
シャンプーをした後に髪の毛の状態を整えるものとしてリンスのほかにも
コンディショナーというものもあります。

 

ところで、リンスとコンディショナーの
違いにはどのようなものがあるのでしょうか?

リンスの主成分として油分が配合されています。
油分の働きというのは、髪の毛の表面を覆うところにあります。
ちょうどコーティングするような感じです。


油分によって髪の毛を覆うことで、保湿性を保たせることができます。
油分が髪の毛に含まれている水分の蒸発を防ぐ働きがあるからです。


また油分には髪の毛のきしみを防ぐ働きもあります。
油分の働きによって髪の毛の手ざわりをなめらかにする効果があります。


一方コンディショナーは、髪の毛そのものの状態をよくすることが
目的となっている商品です。

具体的にコンディショナーの働きというのは
髪の毛のハリとかコシを与える効果があります。


実質的なリンスとコンディショナーの違いというのは
ほとんどありません。

つまり両者とも、髪の毛の表面に対して効果を
発揮するように作られているからです。。


しかしシャンプーの性質の変化したことによって
両者の立ち位置に変化が起きています。
リンスのほうが歴史は長いです。リンスで髪の毛の保湿力を高めることで
昔のシャンプーにありがちな髪の毛のごわつきを抑える必要があったのです。

ですから髪の毛にしっとり感を得るためにリンスが必要とされていました。
ところが近頃のシャンプーは進化をして
かなり髪の毛をしっとりとごわつくことなく整えることができるようなりました。

このため、従来のリンスは必要なくなり、さらに髪の毛の状態をよくする
働きのあるコンディショナーのようなものが
求められるようになってきているのです。