育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > 経皮毒の頭皮の吸収の仕組み > 経皮毒の頭皮の吸収の仕組み

経皮毒の頭皮の吸収の仕組み

経皮毒の頭皮の吸収の仕組み

シャンプーが近頃、経皮毒との関係性で注目されています
シャンプーを使って毎日洗髪するという人もかなりいるでしょう。

 

しかも市販のシャンプーの特徴として
人工的な成分がかなりの確率で配合されています。

しかしシャンプーに配合されている人工的な成分は微量です
微量であれば、直接的な健康被害はありません。


そこで経皮毒が問題となってくるのす。経皮毒というのは
有害な成分が皮膚を通じて入ってくることをいいます。


シャンプーの場合、頭皮とシャンプーの成分がくっつきます。
このため、シャンプーの人工的な成分を頭皮を介して
体内に吸収してしまう恐れがでてきます。


確かに有害物質も、微量であれば問題はありません。
そう書きました。大量の有害物質が
人工的な成分といってもシャンプーには配合されていません。


ですから短期間のうちに、シャンプーを使って
何らかの被害が起きるとは考えづらいでしょう。

しかし長期間ということを考慮した場合、問題も起こりえます。

特に経皮毒による発症が恐れられているのが、アレルギーです。
アレルギーというのは、われわれにはもともと
一定の体内に入れてもいい許容量があって
この許容量を超えて初めて発症するといいます。


花粉症などがアレルギー症状の代表的な事例です。

経皮毒の場合、体内に入ってきた毒のうち
たったの1割程度しか排出できないといいます。

つまり大半の有害物質が排出されることなく、体内に蓄積されることとなります。
ですから、同じシャンプーを長期間利用し続けていると
人工的な成分を着実にため込むこととなり
アレルギー症状を引き起こすリスクが高めてしまいます。


専門家の間でも、シャンプーと経皮毒に関する関係について
警鐘を鳴らす人もかなりいるようです。