育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > リンスの成分 > リンスの成分について

リンスの成分

リンスの成分について

シャンプーを使った後にリンスで仕上げますか?
おそらく若い女性の人は髪の毛のコンディションを
整える意味でリンスを使っているのではないでしょうか?

ところでどのような成分からリンスは作られているのでしょうか?

 

リンスに含まれている成分には、カチオン界面活性剤があります。
カチオン界面活性剤というのは一種の陽イオンで
髪の毛同士で起こる摩擦を最小限に抑える働きがあります。

ですから、リンスをすると摩擦がなくなり、髪の毛の指どおりがよくなります。

さらに最近のリンスには、シリコンが配合されているものが多いようです。
髪の毛にシリコンが付着すると
髪の毛をしなやかな仕上がりにすることができます。
よってシリコンの働きによって
ハリのあるつややかな髪の毛に仕上げることができるというわけです。


カチオン界面活性剤にしてもシリコンにしても共通の特徴があります。
それはリンス後に水でゆすいだとしても
成分が髪の毛から脱落することはありません。

ですから、リンス後も滑らかでハリのある髪の毛の状態を
維持し続けることが可能です。

リンスをした後しばらく経過しても
髪の毛がさらさらのままなのは、リンスに含まれている成分の働きのためなのです。


リンスの中にはシリコンが配合されていると書きました。
ところでシリコンは一種の油分です。

ですから、リンスをするときには
頭皮にはつけないように気をつけましょう。
あくまでもリンスは、、髪の毛に対して効果を発揮します。

 

逆にリンスの成分が頭皮についてしまうと
シリコンによって頭皮にある毛穴が埋まってしまう恐れがあります。

すると、毛穴から生えてくるはずの髪の毛の育毛を邪魔することになり
薄毛の遠因になってしまう可能性があります。
ロングヘアの人は問題ないでしょうが
ショートヘアの人はちょっとリンスを使うとき
注意したほうがいいでしょう。