育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > 界面活性剤には何がある? > 界面活性剤には何がある?

界面活性剤には何がある?

界面活性剤には何がある?

シャンプーにとっては界面活性剤は欠かすことができません。
いろいろなシャンプーの成分を
水に溶かす役割のある界面活性剤は、重要な原料です。

 

この界面活性剤にはいろいろな種類があります。
界面活性剤はの中で最もよく使われているのは、石油系の成分の種類のものです。
具体的にはアルコールやアルキルベンゼン、アルファオレフィンという
成分が成分表に掲載されているシャンプーが挙げられます。


石油系の界面活性剤の特徴は、低コストで作れしかも洗浄力が強い
ということですが、一方でデメリットもあります。

肌への刺激が強すぎるのです。

 

界面活性剤は石油系のような人工的な成分が
すべて原料というわけではありません。
界面活性剤の中には天然由来の成分で作られている種類もあります。


石鹸とアミノ酸が原料の界面活性剤は
天然由来のシャンプーでよくつかわれています。


石鹸が原料の界面活性剤の特徴として
頭皮への刺激が低いという点があります。
このため、敏感肌の人が使うことができるシャンプーです。

ところが石鹸シャンプーを使うと、髪の毛のごわつきがおきやすくなります。
ただし天然由来でも洗浄力は結構ありますから
脂性の人にお勧めのシャンプーです。


アミノ酸配合の界面活性剤の特徴は
髪の毛と頭皮、両方にやさしいことが挙げられます。

ですから通常は、シャンプーをした後にリンスを用いる人が多いでしょうが
アミノ酸の界面活性剤が配合されているシャンプーの場合、リンスなしでもOKです。
しかしほかの界面活性剤と比較すると、洗浄力の面ではやや劣るようです。

天然系の成分はほかにも脂肪酸エステルや
レシチン、サポニン、カゼインといった物質が配合されているものもあります。