育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > ミノキシジル > ミノキシジルって何だろう?

ミノキシジル

ミノキシジルって何だろう?

「リアップ」や「ロゲイン」など有名な育毛剤に含まれている
有効成分に「ミノキシジル」というものがあります。

わかりやすくすると、この「ミノキシジル」が脱毛予防や発毛を促すのです。
ではどのようなものなのでしょうか?

 

ミノキシジルは元々アメリカでは血管拡張剤の1つで
最初は高血圧の経口薬として開発されましたが
治療中の患者さんが副作用として毛深くなったことがあり
改めて外用の壮年性脱毛症における発毛剤として
1988年アメリカで「ロゲイン」として発売されました。

当初は頭皮の血管拡張することによって発毛が起こると
考えられていましたが、他の高血圧の治療薬には

発毛の効果がなかったため、ミノキシジルが効果があると考えられています。

その後1999年に日本で大正製薬よりミノキシジルを含んだ
「リアップ」として発売されています。

ミノキシジルは壮年期脱毛症によって乱れたヘアサイクル
小さくなった毛包に作用して太い髪の毛を増やして維持していきます。

 

リアップには1%含まれていて
ロゲイン(アメリカなど海外で発売)には5%含まれています。

一般にミノキシジル濃度が高いほど効果も高いと言われています。

しかしその分濃度が高かったり、規定以上にリアップや
ロゲインを使うと、塗布した所のかゆみやかぶれなども
生じやすくなるともされているので、規定内の使用をお勧めします。