育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > 整髪料について > 髪の毛に負担をかけない整髪料の使い方

整髪料について

髪の毛に負担をかけない整髪料の使い方

整髪料は当然、髪の毛には良くない影響を与えています。

でも好きな髪の毛にしたいという願望はあると思います。

では髪の毛に負担をかけない整髪料の使い方とは?

 

整髪料をつける時期とつけない時期の脱毛した本数を
比較してみてください。

整髪料をつけていると、シャンプーや髪の毛をセットをする時に
抜け毛の本数がやはり多くなってしまいます。

実際に体験していただければその抜け毛の本数がわかると思います。

でも自分の好きな髪型にしてみたいし、おしゃれにしたい方は
男性でも多いと思います。

そこで、頭皮の影響を分析してみながら考えてみましょう。

 

問題は頭皮にあります。

頭皮は清潔に保つことがヘアケアの基本です。

整髪料が頭皮に付着してしまうと、毛穴がつまってしまい
毛根が育つことに支障を与えてしまいます。

また整髪料、特にムースやポマードなどは
油分が多く使われていて、頭皮が油まみれになってしまい
汚れや雑菌がつきやすく不潔になってしまいます。

 

では「整髪料はつけたい!」
でも「抜け毛が多くなるのはいやだ!」
という方にはどうしたらいいか?

 

整髪料は毛先につけましょう。

あくまで毛先だけです。頭皮に整髪料がつけなければ
問題はさほどないです。

なんだと思われる方もいるとは思いますが
効果は体感できると思います。

 

ただヘアケアの基本ですが、寝る前には育毛シャンプーをして
整髪料はきちんと落としましょう。