育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > ドライヤーの正しい使い方 > ドライヤーの正しい使い方

ドライヤーの正しい使い方

ドライヤーの正しい使い方

間違ったドライヤーのかけ方では
髪の毛に大きなダメージを与えてしまいます。

正しいドライヤーを知る必要があります。

 

ヘアドライヤーによる問題点は、髪の毛が高温にさらされて
水分がなくなり乾燥しすぎることによって

キューテクルが開いた状態になって
髪が絡まりやすくなっていることに問題があります。

キューテクルとは髪の毛の1番外側の組織です。

枝毛や切れ毛の原因と関わっていて、テレビでもよく使われる言葉で
知っている方も多いと思います。

そのことを知っていて、髪の毛に温風をあてると
髪の毛が痛んでしまうといった恐れがあると考えている方もいて
ドライヤーをかけない人もいると思います。

 

しかし、シャンプーをした後に、すぐに乾かさずに放置しておくほうが
髪の毛に悪いのです。

洗った後に、濡れたままにしておくと、水分が蒸発していく中で
熱が奪われて頭皮の温度が下がってしまいます。

温度も下がれば血液の流れが悪くなって栄養や酸素が
毛母細胞に運ばれにくくなって毛髪も成長を妨げてしまいます。

また濡れたままだと、雑菌が繁殖して、不潔になってしまします。

なので髪を洗ったあとは、ドライヤーをかける習慣をつけましょう。

 

でも間違ったドライヤーをかけて頭皮から水分を奪い
乾燥しすぎることはは確かに問題です。

髪の毛の主成分のケラチンはのり状のたんぱく質の性質に
関係していて、ケラチンは水分を与えるとやわらかくなり
乾燥すると固くなる性質があります。

普通の状態で髪の毛は10%くらいの水分が含まれていて
この水分があるために、弾力性や収縮性があります。

 

この状態に熱風を長時間あてると
この髪の良い成分が奪われてしまいます。

そうすると髪の毛の外側のキューテクルがはがれてしまい
その中の髪の毛の組織を傷つけてしまいます。

その結果弾力性や収縮性を失い、枝毛や切れ毛、
脱毛の原因を作ってしまう恐れもあります。

 

<ドライヤーのかける時の注意として >

・洗髪した後は、乾いたタオルで水分を拭き取る。

・髪のつやをなくさないように、温度を上げ過ぎないこと

・ドライヤーを接近させ過ぎないこと

・髪の毛をセットするために長時間、ドライヤーをあてないこと。

・髪の毛をセットする場合は乾燥したまま行わないこと。
濡らしてからセットする。

・1か所に当て続けなく動かしながらドライヤーをかける。

 

これらに注意しながらドライヤーをかけていけば
頭皮の負担は解消できます。