育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > メラニン色素の成分について > メラニン色素が多いほど髪の毛には良い?

メラニン色素の成分について

メラニン色素が多いほど髪の毛には良い?

メラニン色素とは、髪の毛の色を左右するものです。

日本人は黒い髪をしているのもこのメラニン色素なんです。

これが脱毛にも影響しているのでしょうか?

 

メラニン色素はシミやそばかすの原因として嫌がられますが
紫外線から皮膚を守る働きがあり
皮膚の保護に欠かせない色素細胞です。

よく白人に皮膚がんが多いのは
白人にはメラニン色素が少ないことが原因とされています。

髪の毛の色はメラニン色素の色素顆粒の量によって
違いが生まれています。

メラニン色素は、毛乳頭のメラノサイトという色素細胞の中で
チロシナーゼという酵素の働きによって合成されています。

 

そして毛母細胞のなかの毛幹(頭皮より出ている部分)の毛髄質や
毛皮質となる細胞にだけ取り込まれます。

加齢になって老化が進んだりすると、色素細胞周辺の環境が変わり
メラニン色素の合成機能に障害が起こり
色素顆粒が少なくなって起きてしまうのが白髪です。

白髪の場合は髪の毛の再生機能には異常はありません。

 

ですが、よく「白髪になる人はハゲない」という考え方がありますが
実際には根拠のない話です。

これは「ハゲるくらいなら白髪のほうがまだいい」という
世間の考え方だけが広まったものでしょう。

 

なので「白髪を抜けばそこから黒い髪が生えてくる」とか
「1本抜けば2本生えてくる」という噂も間違いで
髪の毛が単に少なくなって毛根を傷つけてしまうので止めましょう。

血行不良や毛乳頭の障害など、白髪と脱毛は同じで
抜け毛と同じく毛乳頭の機能低下ということでは
共通したものがあります。

 

脱毛と併用して白髪が多くなった方も多いと思います。

これは育毛体質を作り、生理的な機能が回復し
毛乳頭の働きも回復すれば発毛と同時に白髪も黒くなる

という効果がありますので、自分の髪の毛を観察しながら脱毛
発毛の1つのバロメーターとして考えるのもいいと思います。