育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > 皮膚について > 皮膚はどうなっているの?

皮膚について

皮膚はどうなっているの?

髪の毛と皮膚はとても強いかかわりがあります。

皮膚の仕組みを知っておくことも必要ですよね。

 

髪の毛が生えるのは皮膚からです。
髪と皮膚では一見違うものに思いますが
両方ともケラチンというタンパク質を主成分として作られています。

皮膚には表皮といわれるものがあり
その表面の下に基底細胞というものがあります。

これが細胞分裂を繰り返していきます。
この細胞が分裂していって、だんだんと上に押し上げられていくのです。

表面にたどり着くと、垢として出て落ちていきます。
これが「フケ」ですね。

 

<皮膚の構造として >

頭皮から出ている部分を「毛幹」
頭皮の下にある部分を「毛根」といいます。

 

<頭皮から出ている毛幹部分は>

キューテクルと呼ばれる「毛表皮」
髪の毛を決定つけるメラニン色素が含まれている「毛皮質」
そしてその中央にある「毛髄質」の3つの部分から作られています。

 

このキューテクルとは、角化した透明なウロコ上の細胞が
重なり合って外部からの汚れをつきにくくしています。
また髪の毛の中から、栄養が逃げないようにする働きをもっています。

このキューテクルが損傷すると、髪の毛がパサパサになって
ツヤがなくなりツヤがなくなり、枝毛や切れ毛の原因になります。

 

毛皮質はコルテックスと呼ばれ
メラニン色素を含むタンパク質がぎっしり入っています。

これは髪の毛のコシや髪の毛の黒さに関係しています。

毛髄質はメデュラと呼ばれ
メラニン色素と色素を含む細胞が集まっていて
頭部を日光から守り、熱さを調節したりしています。

 

<毛根部分の働きとして >

この毛根部分には「毛乳頭」と言われる部分があって
「毛乳頭」が血液中の栄養や酸素を受け取って
髪の毛を作りだす「毛母細胞」に渡しています。

「毛乳頭」が同時に髪を伸ばすシグナルを
毛母細胞に発せられます。

その指令を受けて毛母細胞は細胞分裂を繰り返して
髪に元になるたんぱく質を作り出します。

こうして増えていく毛母細胞は、上へ上へと押し上げられて
水分を失い角質化し髪になって伸びていくのです。