育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > 皮脂=ハゲの原因ではなし > 皮脂=薄毛の原因ではなし

皮脂=ハゲの原因ではなし

皮脂=薄毛の原因ではなし

よく育毛剤や育毛シャンプーの宣伝を見ていると
「余分な皮脂を除去する」ということがうたわれています。

そこで、皮脂が薄毛の元凶いうイメージをどうしても持ってしまう方が多いようです。

 

確かに皮脂が過剰に分泌されていると、
角栓という皮脂の塊ができやすくなります。

これが頭皮の毛穴に詰まりを起こさせ、
髪の毛の成長を阻害するということは、あり得る話ではあります。


しかし一方で、適度な皮脂というのは必要なものでもあります。

皮脂には天然のクリームの役割があって、
頭皮を外部の刺激から保護するという働きもあるわけです。


しかし皮脂というのはあってはならないものという風に誤解をしている場合には、
どうしても根こそぎ皮脂を取ってしまおうとします。

すると、頭皮が外部の刺激に
ダイレクトにさらされることになってしまいます。


すると、頭皮が荒れやすくなってしまいます。

頭皮がボロボロになるということは、
さらに抜け毛を助長させてしまい、
育毛対策どころではなくなってしまいます。
ですから過度に皮脂を取り除くことはやめましょう。

洗髪の目安としては、1日一回のシャンプー
不必要な皮脂や汚れを取り除くことはできるはずです。


また育毛シャンプーというのが販売をしています。
育毛シャンプーの場合、適度に皮脂を残す状態を作るような工夫が施されています。

もし頭皮の乾燥が気になるという方は、
こういった育毛専用のシャンプーを積極的に使用することをお勧めします。