育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > 喫煙の影響 > タバコは百害あって一利なし

喫煙の影響

タバコは百害あって一利なし

一般にタバコは体に良くないですよね?

タバコはに身体にとっていいことは何1つありません。

育毛を考えるならタバコは止めましょう。

 

タバコは身体に悪いと、現在、世界で禁煙者が増えています。

タバコの影響

それは周知の事実であって
誰もが認めるところだと感じます。

タバコのタールには9種類の
発がん物質が含まれていますし
タバコの煙には有害物質が
200種類も含まれているとされています。

喫煙し続けると、肺がんを2〜4倍に増やす
心筋梗塞や肺気腫を引き起こす。

 

また女性は妊娠や子宮がんや月経不順や不妊など
実にさまざまな病気を引き起こすものとされています。

また本人だけでなく、タバコの煙が他者にも悪影響を与え
社会悪とされているのが現状です。

当然、髪の毛にも悪い影響を与えてしまいます。

タバコに含まれるニコチンは交感神経を刺激して
毛細血管を収縮してしまいます。

その為に、毛乳頭に栄養が運ばれにくくなってしまいます。

そうすると、毛細血管の分裂が出来なくなってしまい
毛髪の成長が止まり、やがて脱毛につながってしまいます。

 

タバコを吸うと血行不良のために
皮膚の温度が約1度ほど下がると言われています。

 

皮膚温が下がるという事は、血流が悪くなったという証拠です。

またタバコは活性酸素を発生させ、血液をドロドロさせてしまい
血行を悪くしてしまいます。

まさに百害あって一利なしといったところでしょう。

毛髪や健康のためには、タバコを吸うのはやめたほうが賢明ですね。