育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > ドライヤーによる抜け毛の影響 > ドライヤーによる髪の毛の影響

ドライヤーによる抜け毛の影響

ドライヤーによる髪の毛の影響

ドライヤーによる髪の毛による影響はどうなっているのでしょうか?

ドライヤーと脱毛の関係には
間違った知識のある方もいますので注意しましょう。

 

ヘアドライヤーによる問題点は、髪の毛が高温にさらされて
水分がなくなり乾燥しすぎることによって

キューテクルが開いた状態になって
髪が絡まりやすくなっていることに問題があります。

髪の毛に温風をあてると髪の毛が痛んでしまうといった
恐れがあると考えている方もいるでしょう。

 

しかし、シャンプーをした後に、すぐに乾かさずに
放置しておくほうが髪の毛に悪いのです。

洗った後に、濡れたままにしておくと、水分が蒸発していく中で
熱が奪われて頭皮の温度が下がってしまいます。

温度も下がれば血液の流れが悪くなって栄養や酸素が
毛母細胞に運ばれにくくなって、毛髪の成長を妨げてしまいます。

また濡れたままだと、雑菌が繁殖して、不潔になってしまします。

頭皮から水分を奪い、乾燥しすぎることはは確かに問題です。

 

しかし、実際は頭皮が痛むほどの過激なドライヤーの使い方を
しなければ毛根を痛めることは少ない
ともされています。

 

一か所にずっとあてすぎないよう、まんべんなく温風を当てる感じで
乾燥しすぎないように使用しましょう。

 

<$MTInclude module="自由記述アドセンス3"$>