育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > 抜け毛・薄毛とヘアカラーやパーマの影響 > 抜け毛・薄毛とヘアカラーやパーマの影響

抜け毛・薄毛とヘアカラーやパーマの影響

抜け毛・薄毛とヘアカラーやパーマの影響

白髪染めや若い人のファッションとしての茶髪や、ヘアカラーなど
近年はいろいろ種類も増えてきていますが
毛染めやパーマ液などがあり使用している方もいると思います。

 

髪の毛には大きな影響があり、頭皮にダメージを
与えることはもちろんご存知かとは思いますがどんな影響があるか知っていますか?


毛染めやパーマ液などに使う染料は、とても浸透性の高いものです。
頭皮に付着すると、細かい所にも入り込んで定着する性質のものです。

その為、少々繰り返し洗った所で、頭皮や髪の毛に
染まったり付着したものが落ちないのです。

毛乳頭や毛母細胞まで汚染され
ダメージを受けることは間違いないです。

 

脱色も要注意です。

脱色に使われるものは、色素を破壊することによって
脱色しているもので、細胞を破壊することになっています。

ダメージもかなり強いです。

髪の毛にとっては当然良くないので
なるべく使用しないほうが良いと思います。

どうしても髪の色を変えたい方は
カラーリング以外にもいくつか方法はあります。

 

例えば、カラースプレー。

これはシャンプーで気軽に落とせるため
ダメージは幾分少ないでしょう。

またヘアマニュキアやカラーリンスなどもあり
ヘアカラーに比べれば幾分ダメージが少ないです。

しかし、髪の毛に悪い影響を与えるのは事実です。

育毛を考えるのであれば
髪の毛が増えるまでは控えたほうが良いと思います。