育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > シャンプーの影響 > シャンプーの影響について

シャンプーの影響

シャンプーの影響について

シャンプーは髪の毛に大きく作用しています。

一般に市販されているシャンプー剤中には抜け毛の原因となる
合成界面活性剤というものが含まれています。

知らない方はびっくりすると思います。

 

「一般にシャンプー、リンスに入っている科学合成物質」

 シャンプー  ラウリル硫酸ナトリウム(発泡剤)
   プロピレングリコール(保湿剤)
   エデト硫酸(変質防止剤)
   タール色素(着色剤)
   ラウリルエーテル硫酸塩
 リンス  タール色素
   プロピレングリコール

 

一般に市販されているシャンプーに使われている
合成系の界面活性剤の原料は「石油」や
「科学合成物質」で作られています。

また合成界面活性剤とは科学物質で、身体では分解できずに
解毒作用のある肝臓、排泄を行う腎臓を初めいたるところに
悪影響を与え、もちろん髪の毛に大きな影響を与えます。

これらは微量ずつですが皮膚からどんどん浸透して
分解されずに身体に残ってしまいます。

この中でも特に毒性が強いといわれているのが
ラウリル硫酸ナトリウムという物質です。

 

値段が安い上、少量でよく泡立つのでメーカーは好んで使うそうです。

これらシャンプーやリンスなどを日用清潔商品を作る工場では
作業員は必ず防護服を着る義務があると噂があります。

こうした身体に有毒な化学物質が
微量ずつ身体に吸収されてしまいます。

 

さらに身体の中で頭皮は身体の中で吸収率が良く
より多く吸収されてしまいます。

またシャンプーする入浴中ではお風呂場の温度が上がるため
皮膚温も上がってしまい吸収率も上がってしまいます。

普通は口から入った科学物質は肝臓にまわり無毒化されますが
こうした頭皮などの皮膚から吸収された科学物質は

肝臓には回らず長期にわたって皮下組織にとどまり
ゆっくりと体の外に排出されます。

 

これらの事を知って、正しいシャンプーを選びましょう。