育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > 抜け毛の体質と脱毛の関係 > 抜け毛の体質と脱毛の関係

抜け毛の体質と脱毛の関係

抜け毛の体質と脱毛の関係

一般に体質といえば、その人が遺伝で親から受け継いだもので
人為的に変えるような事は出来ないというように思いがちですがそうではありません。

現代、脱毛の原因が研究されてきて
「脱毛は遺伝で治らない」ということは否定されてきています。

 

体質と脱毛

よく親父や祖父が髪の毛が薄いのだが、私も絶対ハゲてしまうのか?
などと考える方がいると思います。

ここで悩む方に紹介することを一度
頭に整理することをお勧めします。

 

現代では脱毛と遺伝の関係はある程度関係あるという事が
わかってきた所もあるらしいです。

例えば男性型脱毛症
・男性ホルモン(テストステロン)が血液によって毛根周辺に運ばれること。

・皮脂線において、5αリタクダーゼが大量に作られていること。

・毛根周辺に男性ホルモン、テストステロンのレセプター(受容体)があること。

によって脱毛の原因を作り、毛根周辺で男性ホルモンの
テストステロンが受容体のレセプターに捕まり

5αリタクダーゼと反応して
5αディハイロテストステロンという物質に変わります。

これが毛乳頭や毛母細胞を破壊して脱毛を促進します。

 

解りやすく説明すると......

≪身体から「男性ホルモンテストステロン」が分泌

↓  ← 「5αーレダクターゼ」という酵素が作用して..

脱毛の原因となる「5αーディハイドテストステロン」
に変わってしまう。

↓  ← 毛乳頭の受容体に結合して...

毛母細胞に命令し活動を止めてしまう。
結果髪の毛の成長が止まってしまう。≫

という感じです。

 

その中で遺伝子が関連しているのは

・5αリタクダーゼの体内での分布は
両親の遺伝子の影響を受けている

・男性ホルモンに対する感受性は母親からの影響を受けている

などが解明されています。

母親からの遺伝子の影響は、母親そのものというよりは
母親のお父さん、つまりは母方のおじいちゃんの遺伝子が
受け継がれていると考えるといいと思います。

気になる方は母方のおじいちゃんを見てみるといいでしょう。

 

これらに対してじゃあ髪の毛の遺伝性にはどういう影響があるか?

特に言われるのが脱毛症が起こったときに
脱毛のパターンが似ていることなどがあります。

例えば親や祖父が前頭部いわゆるM字型の進行だとすれば
本人もM字型進行の場合が多いという事です。

 

確かに血液型や骨格、顔などから髪質、脱毛年齢など
遺伝子(DNA)によって親から受け継いでいます。

しかし、環境や食生活によって、後天的に変えられる部分も
人間にはたくさんあります。

脱毛はどちらでしょうか?

 

もちろん、後天的に変えられるものです。

 

例えば、アトピーやアレルギーや癌などは遺伝因子に加えて
食生活や生活習慣によって大きく左右されるものがあります。

脱毛も遺伝因子があるから必ず脱毛が起きると限ったことでなく
本来の遺伝子された因子に、食生活や生活習慣によって

脱毛を誘発される原因が加わることによって
引き起こされるものです。

それに現代科学で脱毛の原因や治療法
そして育毛体質を作ることなど、日進月歩で進化しています。

本当に頭皮に有効な育毛剤や皮脂をしっかり洗い流す育毛シャンプーも出てきました。

決して諦めないこと、前向きに考えることをお勧めいたします。