育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > 良性円形脱毛症 > 良性円形脱毛症

良性円形脱毛症

良性円形脱毛症

人間の身体のほとんどは
自律神経によってコントロールされています。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つに分かれていて
この2つはお互いにバランスを保ちながら各器官との機能を調節しています。

 

この働きは本当にデリケートで
精神的、肉体的なストレスを影響を受けやすいのです。

こうした「ストレスによる自律神経の失調から引き起こされる脱毛症」
のことを良性円形脱毛症といいます。

必ずしも円形とは限らないそうです。

1か所だけの「単発型」
何か所にも起こる「多発性」
頭部のほぼ全体に起きる「全頭性」

などがあり、男女の関係なく年齢もさまざまな方に見られる症状です。

 

自律神経の失調には、脱毛に限らずほとんどの病に
ストレスが関わっていますが特に影響を受けやすいのが髪の毛です。

心の状態は常に身体と密接につながっています。

例えば、人は恥ずかしがったり、興奮すると顔色は赤くなります。
逆に落ち込んだり、衝撃を受けるような事があると顔色は青ざめます。

これは心理状態が自律神経に作用するので、心拍数が上がったりして
毛細血管を拡張して顔色が赤くなったり、収縮したり血流量が
変わっていくことで変化します。

血液は細胞にとって非常に重要で特に毛根周辺には
たくさんに張り巡らされている毛細血管があります。

 

この毛細血管の太さは3ミクロンあります。

その中に通る赤血球の大きさは6〜7ミクロンあります。

だとすると、赤血球のほうが大きいわけですから
通らないことになります。

しかし、心身が健康な状態の赤血球は柔らかく、楕円形になっていて
形を変えてこの毛細血管を通過していきます。

それが心身の乱れや、不健康な状態になれば
自律神経に歪みが起きます。

 

そうすると血行不良になって栄養が毛根に運ばれない。

赤血球に柔軟性がなくなり、もともと赤血球のほうが大きいので
毛細血管を通過できなくなり、酸素が運ばれなくなってしまいます。

結果、毛母細胞は細胞分裂を停止して、抜け毛が増えていきます。
脱毛した場所の頭皮は、その周囲よりも温度が1〜2度低く
その場所に血行不良が起きたことを意味します。