育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > 男性型脱毛症と育毛剤の関係 > 男性型脱毛症(AGA)と育毛剤

男性型脱毛症と育毛剤の関係

男性型脱毛症(AGA)と育毛剤

AGAと言われ、近年話題になっているのが
男性型脱毛症と言われるものです。

男性型脱毛症(AGA)は現在約1300万人の方が悩んでいる最も多い脱毛症です。
この脱毛症の原因として遺伝や男性ホルモンが大きく関わっています。

 

昔の中国の宦官(皇帝や貴族に仕えた人。)
※(後宮に仕える時に男根を去勢するしきたりがありました)
には「はげている人」はいなかったと言われています。

このことは様々な本に書かれ、世界で広く知れ渡っています。

 

これは男性ホルモンが大きく関わっています。
では何故、男性ホルモンが脱毛を促進していくのでしょうか?

 


男性ホルモンはテストステロンといい
主に睾丸(精巣)で作られていて、成長期に男性型の骨格や
筋肉を作り、ヒゲが生えたり、声変わりをするなど
男性の心身に大きく関わっている体内物質です。

 

 

医学的な話になってしまうのですが、

 

・男性ホルモン(テストステロン)が血液によって毛根周辺に運ばれること。

・皮脂線において、5αリタクダーゼが大量に作られていること。

・毛根周辺に男性ホルモン、テストステロンのレセプター(受容体)があること。

 


この3つの要因が重なった時に脱毛は促進します。

毛根周辺で、男性ホルモンのテストステロンが
受容体のレセプターに捕まり、5αリタクダーゼと反応して
5αディハイロテストステロンという物質に変わります。

 

男性型脱毛症の場合
脱毛する部位は前頭部、頭頂部、後頭部が多いです。

これは男性ホルモンのテストステロンにレセプターが
どの部分に分布されているかによって決められているからです。

これが毛乳頭や毛母細胞を阻害して脱毛を促進する原因を作ります。

解りやすく説明すると.....

 

 


≪身体から「男性ホルモンテストステロン」が分泌

↓  ← 「5αーレダクターゼ」という酵素が作用して..

脱毛の原因となる「5αーディハイドテストステロン」
に変わってしまう。

↓  ← 毛乳頭の受容体に結合して...

毛母細胞に命令し活動を止めてしまう。
結果髪の毛の成長が止まってしまう。≫


という感じです。

 

この要因を起こす体質には個人差があり、遺伝します。

男性はこれらの男性型の脱毛の遺伝子を持っている人はその影響をが現れているために
これらのことが俗にいう「ハゲは遺伝する」と言われるものです。

この男性ホルモンは女性の身体の体内にも微量ながら存在し
逆に男性の対内にも女性ホルモンが微量ながら存在しうるものです。

 

とはいっても脱毛そのものが遺伝するわけではなく
脱毛しやすい体質が遺伝して受け継がれるということなので
例えば親がハゲている方でも息子もそうなるとはかぎりません。

遺伝因子があったもしても、早めに育毛体質をつくり
正しいケアをしていけば脱毛を回避することができます。

 

そして現在はこのAGA治療としてプロペシアを始めとして
ミノキシジル成分の入った育毛剤などが多く販売されるようになりました。

そして現在インターネットで爆発的に売れている育毛剤があります。
頭皮に悪い成分はなく、100%無添加の育毛剤です。

私も実際に体験してみた感想をまとめています

⇒育毛剤の体験記ページ