育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト

育毛剤 シャンプーおすすめ体験サイト > 増毛 > 増毛という方法について

増毛

増毛という方法について

1昔前は発毛という言葉が存在しなく、髪の毛が欲しい方は
増毛を考えた方が多かったと思います。

増毛についてどういうものなのか?を紹介します。

 

増毛とは、基本的に抜け毛や脱毛が進行していった方の
残っている髪の毛に人工の髪の毛を結びつけたり人工の

髪の毛を結着させた細い糸を自分の中に紛れ込ませたりして
自分の髪の毛以外の方法で人工的に髪を増やす方法です。

 

技術もだんだん進化してきて、人工毛は本人の髪の毛と比べて
太さや色、ツヤ、硬さなど似せて作っている為仕上がりは
ぱっと見判別がつきにくく、増毛したと人に言わなければ
気がつかないという方が多いようです。

 

育毛や発毛と違い、てっとり早く気軽に体質改善や育毛剤など
いらないので気軽に髪の毛が増えるという実感や喜びを
感じることができます。

なにか生活を変える必要はなく、カツラは嫌だけど髪の毛が
欲しいという方が多いようです

 

大きな点はカツラと違い、着けたり外したりする必要はなく
シャンプーやブラッシング、ドライヤーが可能で、雨や風、
スポーツをして外れてしまうという不安はありません。

さらに植毛と違い頭皮にメスを入れないので、傷が残る心配や
手術がうまくいくのだろうかという不安もないと思います。

 

方法は大きく分かれて2つあります。

・自分の髪の毛に人工的の髪の毛を結びつける方法

髪の毛を増やしたい場所がある1本の髪の毛の根毛に
5〜6本の人工の髪の毛を結びつけていくものです。

5〜6本結びつけるので髪のボリュームが出てきます。

しかも一度にではなく少しずつ結びつけることが出来るので
一気に増えた感覚もなく、だんだん生えてきたと
周囲には増毛だとわからない配慮もできます。

・透明な糸に数十本の人工の髪の毛を、自分の髪の毛を結び付けていく方法

髪の毛の生え具合を細かく調整しながら、ボリュームを
調整できる増毛法。

 

例えば頭頂部に自分の髪の毛が極端にない場合でも
側頭部や後頭部の自分の髪に合わせて自然に仕上がります。

頭皮に直接つけるわけではないので、これもとれる心配はありません。

 

実際にはサロンに行って、カーテンの閉められた個室で
他の人と会わないように配慮してくれながら1回に2時間程度で
自分は一切行わなく、施術する方が全部やってくれます。

 

しかし増毛にはいくつか問題点もあります。

自分の髪の毛は成長していくので、2〜3週間に一回結び直さなければならない

髪の毛は成長していくので、根元に人工毛を結んでも
だんだんと浮かび上がってしまうため
不自然になってしまうからです。

なので、必ず2〜3週間に1度、サロンに行って
結びなおさなければいけないのです。

・維持費がかかる

先ほどの続きですが、2〜3週間に1度、結び直すのですが
これは有料なのです。

だいたいが初めて増毛した時に回数券を買わなければならなく
サロンによって値段は違いますが
これが結構な金額だというものです。

・残っている自分の髪の毛に大きな負担を与えてしまう。

これは残っている髪の毛に数本の人工毛を結ぶために
負荷がかかってしまうためです。

 

もともと脱毛している方の髪の毛は、何らかの原因で
ヘアサイクルが短くなって抜け落ちたり、毛根が弱っている訳で

その髪の毛にさらに負荷を与えてしまうので
残った髪の毛は急速に抜けていくことになります。

なので、脱毛自体は解決するわけではありません。

 

ただここ数年、革新的な増毛法も開発されているのも事実ですので
もし増毛を考えている方がいらっしゃったら、増毛の良いところと
悪いところを考えてから判断した方がいいと思います。